トップページ >郵便の防犯

郵便の防犯

郵便の防犯というと、何のことか見当がつかない人もいるかもしれません。最近では、郵便受けから郵便物を盗み出して、そこから得た情報を悪用するケースが増えています。普通郵便で届く証明書などは、未だに多いものです。

 

写真付きでなくても、健康保険証があれば銀行口座を作ることができてしまいます。その口座が一般的な目的で使われるわけもなく、犯罪用に使われてしまうのです。ある日警察が訪ねてきて、驚いたという人も少なくありません。

 

郵便受けに暗号が設定されていて、開けるときには必ず開錠しなければならないシステムが導入されていることもあります。しかし、一々開錠するのが面倒で、開けたままにしてしまっている人もいるといいます。

 

鍵をかけておくだけでも防げる犯罪は多いので、面倒がらずに気を付けておきましょう。旅行でしばらく不在にする場合には、郵便局に不在届けを提出して郵便物を預かってもらうことができます。郵便物をためっぱなしにしていると、不在であるのを証明していることになり、空き巣などに狙われます。

 

セキュリティに力を入れていない古いタイプのマンションやアパートで一人暮らしをするときには、郵便受けも古くて鍵がきかなくなっていることもあるでしょう。できれば、自分なりに防犯して鍵がかかるようにしておくのが好ましいですね。大家さんや管理会社に相談すれば、先方が費用も負担してくれることもあります。