トップページ >育毛と増毛の違いは

育毛と増毛の違いは

育毛と増毛について書いていきましょう。最近では育毛にかわって髪の毛を豊かに見せる方法である増毛というものにもたくさんのものがでるようになってきました。増毛というのはかつらのことではありません。

 

自分の髪の毛の根元に人工の髪の毛を結びつけるようにしたり、人工毛のついた特殊なフィルムを頭皮にはりつけるということで髪の毛が増えたように見せるタイプのものなになります。かつらよりも自然な付け心地やナチュラルにみえるといったこともあって人気があります。

 

また、かつらのように取り外したりするといった必要がないものが多くあり、お風呂やシャンプー、水泳なども可能なタイプも販売されています。ですので、かつらよりも利便性がかなり高いものであるといってもいいでしょう。

 

育毛をしている間とっても髪型をお洒落にしたいといった方もいるでしょうし、髪の毛全体がそう薄いわけではなくて、部分的に気になってしまうといった人もいるでしょう、つむじや髪の毛の分け目、額の生え際など局所的に髪の毛をプラスしたいといった人などなど、増毛を利用する人も様々です。

 

育毛を行うということで急に髪の毛がふさふさになるということはまずありえないことだといっていいでしょう、ですが、かといってかつらのように頭をすっぽりとおおうようなタイプというのは頭皮が蒸れてしまったり、ふとした拍子などにずれてしまうかもしれないといったリスクがあります。

 

増毛ではこうしたリスクというものをカバーし、まるですべてが自分の髪の毛であるかのように錯覚を起こしてしまうくらいにナチュラルで軽快な付け心地があるといってもいいでしょう。かつらに比べると他人に気づかれるといったこともまずありません。

 

しかも、増毛の場合ですと、少しずつ髪の毛を増やしていくといったような方法をとることもできますので、周囲からすればまるで育毛が成功して、本物の髪の毛がどんどん増えてきているといったような印象をもたせることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

増毛のメンテナンスというのは月に一回程度あるといわれています。地毛に人工毛を結びつけたといった場合ですと、その結び目を髪の毛に根本に結わえ直す必要がでてくるのです。髪の毛は成長していくものですので、こうした地毛との調整を行って行くことになります。

 

この方法の場合は人工毛を結んでいる髪の毛が抜けない限りは効果がつづくといってもいいでしょう。増毛というのも育毛の次のだんかいのひとつということで、興味があるのなら調べてみるといいかもしれませんね。