トップページ >M字ハゲと言われる生え際のレベル

M字ハゲと言われる生え際のレベル

M字ハゲというのは、病気というわけではありません。ですが、実際にM字ハゲになってしまった人からすれば、相当なショックを受けてしまうものです。

 

ハゲでも色々なパターンがあるのですが、M字ハゲの場合、どれくらい進行するとM字ハゲになるのかいまいち分からないという人もいるのではないでしょうか?

 

実はM字ハゲというのは基準が設けられており、どれくらい生え際から後退をしたかによってM字ハゲかどうかが決まるのです。

 

このM字ハゲの基準についてはじめて聞いたという人もいらっしゃると思いますが、実はAGAが発見された当時、つまり今から50年以上前から基準が設けられていました。

 

このM字ハゲの基準をつくったのは、AGAと遺伝や男性ホルモンとの関連性を発見したハミルトンという人です。

 

基準では頭頂部と前頭部の部位を見て、7段階で進行状況をあらわしていました。M字ハゲの場合は、頭頂部と生え際までの距離を測って、M字はげと診断されるかが決まります。

 

この生え際のことを各額というのですが、これは、生え際の角、つまり一番高い部分のことを指しています。この各額から頭頂部にかけて、生え際が2センチ後退をしてしまった場合に、M字ハゲと診断されることになります。

 

M字ハゲもAGAの症状の一種になっているのですが、このAGAというのは、人種によって発症する確率が異なっています。日本人で見ると、M字ハゲよりも、頭頂部がはげてしまう症状になる人のほうが多いといわれています。

 

日本だと、男性でAGAを発症する確率は3割程度なのですが、同じ黄色人種である韓国人や中国人というのは発症率が1割ほど日本人よりも低くなっています。