M字ハゲに効く育毛剤 | 生え際が気になり始めたあなたへ

M字ハゲに効く育毛剤!

 

M字ハゲの原因

 

M字ハゲになってしまうのは、ホルモンや遺伝が原因になっていることが多いといわれています。この他にも、他の種類の薄毛と同じように、ストレスや食習慣、生活習慣が原因になってしまっていることも多いです。

 

日本人というのは、頭頂部を中心にした薄毛であるOハゲであったり、前頭部が少しずつ後退してしまって薄毛になるU型は下になる傾向が強いです。反対にM字ハゲというのは、欧米の人がなりやすくなっています。

 

つまり人種によって、どのようなハゲの種類になりやすいのかという傾向が違っているということです。このことから分かるように、ハゲの種類と遺伝やホルモンというのは、深い係わり合いがあるということです。

 

どうしてM字ハゲになってしまうのかというと、5α還元酵素といわれるAGAの原因になっているDHTを作り出す酵素が前頭部に集中しやすくなっているからではないかという説があります。ストレスを感じるようになると、テストステロンといわれる男性ホルモンが分泌されにくくなります。これによって、DHTが作られやすくなってしまうのです。

 

このDHTというのは、育毛の抑制作用があるため、DHTが増えてしまうことで、毛髪が成長しにくくなってしまい、結果としてM字ハゲになってしまうのではないかと考えられています。

 

普段から目を酷使しているという人も、M字ハゲになりやすくなるといわれています。目を酷使することによって、目の周りの血液の流れが悪くなってしまい、生え際の毛髪に栄養素が送られにくくなり、その結果、M字ハゲになりやすくなるといわれています。ですので、生活習慣を改めて、M字ハゲになりにくい生活をしていかなくてはなりません。

 

次のような生活習慣をしてしまっていると、M字ハゲになりやすくなるといわれています。

 

睡眠不足

 

睡眠不足になってしまっていると成長ホルモンの分泌にも支障が出てしまいます。成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうと、毛髪の成長もスムーズに行われなくなってしまいます。

 

タバコを吸っている

 

タバコというのは、体に悪いだけではなく、毛髪や頭皮にも悪いといわれています。タバコを吸うことによって血行が悪くなってしまいますし、毛根に有害物質が蓄積されやすくなってしまうのです。

 

日常的にストレスを感じている

 

ストレスによって、M字ハゲになってしまうという人は多いです。ストレスによって毛髪が成長しにくくなることで、生え際の毛髪の成長が止まってしまい、抜けやすくなってしまうのです。

 

M字ハゲに効く育毛剤

養毛剤の効果が出ないときあるの?

 

色々な養毛剤をこれまで試してきたものの、効果を得ることが出来なかったという人も結構いらっしゃいます。養毛剤というのは、すべての人に等しく効果をもたらしてくれるというわけではなく、効果の現れ方は個人差があります

 

ですが、色々な養毛剤を使ってきたにも関わらず効果を得ることができないのであれば、相性以外に原因があると考えておいたほうがいいでしょう。では、どのような原因によって養毛剤の効果を得ることが出来ないのでしょうか?

 

つむじにはこれ⇒つむじハゲ育毛剤

 

頭皮の状態が悪い

 

健康な状態の頭皮に浸透させて、発毛させたり育毛するのが養毛剤の役割になっています。その頭皮の毛穴に老廃物などが詰まっていたり、炎症が起きてしまっているような状態になってしまっていると、養毛剤に含まれている成分が作用しにくくなってしまいます。

 

炎症が起きてしまっているのであれば、養毛剤に含まれている成分によって炎症がひどくなってしまうこともあります。頭皮が腫れてしまっていたり、赤く炎症が起きてしまっているのであれば、養毛剤をいきなり使うのではなく、先に頭皮の炎症を改善させられるように育毛シャンプーなどで頭皮の回復を図るようにしましょう。

 

生活リズムが乱れている

 

頭皮の健康を促進させたり育毛や発毛を促進させるのが、養毛剤の目的になっているのですが、生活リズムが乱れていて、健康ではない体になってしまっていると、養毛剤の効果を得ることが難しくなってしまいます。年齢や遺伝によって薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうということもあるのですが、睡眠不足や運動不足、偏食などによって薄毛などを引き起こしてしまっているということもあります。このような場合、養毛剤で発毛をしていこうとしても効果を得ることは難しくなってしまうのです。ですので、生活習慣を改善しつつ養毛剤を使うようにしてください。

 

ほとんど使わずに終わってしまう

 

養毛剤というのは、少し使っただけで、劇的に効果が出るというものではありません。毎日養毛剤を使うようにして、徐々に効果を得ることが出来るのです。

 

その人によって、どれくらいの期間で養毛剤の効果を得ることが出来るのかは違っているのですが、大体半年くらい養毛剤を使うことが前提になっています。養毛剤を使ったものの効果を得ることが出来なかったという人の中には、一ヶ月くらいしか使わなかったという人も結構いるのです。

疲労回復にストレッチをしよう!

運動後にはストレッチをしましょうと言いますが、これは体を柔らかくするという理由の他に、ストレッチが疲労回復に効くからです。

 

疲れをいかに取り除くのか、という観点で考えてみると、ある程度の負荷をかけて体をほぐしていくジョギングなどの運動よりも、ストレッチやウォーキングのような軽い運動を行う方が断然効果的だといわれています。

 

一般に激しい運動の際には体内で活性酸素が発生するのですが、ストレッチの場合は余計な疲労物質が出ず、疲労物質を血管に流して代謝がスムーズになるようにしてくれます。ストレッチを簡単に言えば、「筋肉を引っ張って伸ばすこと」と言うことができます。

 

筋肉を伸ばした状態でキープするストレッチと、筋肉の収縮を繰り返す方法の二種類があります。疲れを取るためのストレッチとしては、前者の筋肉を伸ばした状態でキープするものが良いでしょう。後者は競技能力を高めるための意味合いが大きいです。

 

ストレッチは、筋肉の緊張をほぐし、疲労物質を排出する効果があります。運動や立ち仕事を続けていくと当然筋肉が疲労しますが、この時、疲労は乳酸などの疲労物質として体内に蓄積していきます。この時、ストレッチをすることによって筋肉の自体の回復効果と疲労物質の排出を期待することができます。

 

なぜ、そのような効果が期待できるかと言うと、体を流れる血流は基本的に心臓を起点として全身に送られるのですが、この血行が良くなるからです。

 

人は疲労物質が血管を圧迫することで血流が悪化するのですが、ストレッチによって筋肉がほぐれて血管への圧迫がなくなり、また体温が上がることで血流を促進し、疲労物質の排出を助けます。

 

血行が悪くなったということは自覚することが難しいため、特別なことをしているという意識がなくても血行不良になることは私たちの生活では多いのです。

 

日常生活の中にうまくストレッチを取り入れることで 血行不良を改善し血流をスムーズにすることができます。血流の改善によって体内の老廃物や疲労物資が効率よく運搬されるようになり、また代謝が促進されて疲労物質などが体に溜まりにくくなることで、疲労も回復していくようになります。こうした理由から、ストレッチが疲労回復に効くというのです。

 

参考:疲労回復サプリランキング【疲れに効く栄養はこれだ】

・ 更新履歴 ・